映像コンテンツ「興行収入」(10ページ中10ページ目)

『犬王』がアニメ賞、『RRR』が非英語映画賞にノミネート。【第80回ゴールデン・グローブ賞】 画像
興行収入

『犬王』がアニメ賞、『RRR』が非英語映画賞にノミネート。【第80回ゴールデン・グローブ賞】

第80回を迎えるゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、日本のアニメ『犬王』(湯浅政明監督)がアニメ映画賞にノミネートされた。

映画「SLAM DUNK」公開2日で興収12.9億円突破!SNSでも絶賛コメント多数 画像
興行収入

映画「SLAM DUNK」公開2日で興収12.9億円突破!SNSでも絶賛コメント多数

映画『THE FIRST SLAM DUNK』が2022年12月3日に公開を迎え、翌4日までの2日間で84 .7万人を動員。興行収入は12.9億円を突破したことがわかった。週末土日動員ランキング、「Filmarks」の初日満足度でともに1位になるなど、好調なスタートを切っている。

アマゾン、Rokuでもレイオフが実施/ソニーのスパイダーマンシリーズがアマプラにやってくる【BRANC MEMBERSHIP Newsletter】#9 画像
興行収入

アマゾン、Rokuでもレイオフが実施/ソニーのスパイダーマンシリーズがアマプラにやってくる【BRANC MEMBERSHIP Newsletter】#9

11月14日週のWeekly Newsletterをお届け。

『すずめの戸締まり』公開3日で18億突破 世界199の国と地域での配給も決定 画像
興行収入

『すずめの戸締まり』公開3日で18億突破 世界199の国と地域での配給も決定

新海誠の3年ぶりとなる最新作 『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日の公開から3日で130万人を動員し、興行収入は18億を突破したことがわかった。新海誠作品史上No.1のロケットスタートを記録した。

【TIFFCOMセミナー】配信・商品化・海外の3つが売り上げの伸びを支える 「アニメ産業レポート」から現状と課題を読み解く 画像
マーケット&映画祭

【TIFFCOMセミナー】配信・商品化・海外の3つが売り上げの伸びを支える 「アニメ産業レポート」から現状と課題を読み解く

東京国際映画祭と併催で開催中の、アジアを代表するコンテンツマーケット「TIFFCOM」内のオンラインセミナーにて『「アニメ産業レポート2022」に見えてくるアニメ最前線』が開催された。今回は本セミナーの内容をレポートする。

『ONE PIECE FILM RED』公開72日間で興収171億円を達成、11週連続の週末興行1位に 画像
興行収入

『ONE PIECE FILM RED』公開72日間で興収171億円を達成、11週連続の週末興行1位に

アニメ『ワンピース』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』が、公開から72日間で興行収入が171億円、観客動員数が1231万人を突破したことがわかった。

『ONE PIECE FILM RED』興行収入100億円を突破 お盆以降も怒涛の記録更新を続ける 画像
興行収入

『ONE PIECE FILM RED』興行収入100億円を突破 お盆以降も怒涛の記録更新を続ける

アニメ『ワンピース』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』が、2022年8月6日の公開から20日間で720万人を動員し、興行収入が100億円を突破したことが分かった。これは、2022年公開の作品として、最速での100億円突破の快挙となる。

世界中が熱狂!『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』グローバル週末興行ランキング1位に  画像
興行収入

世界中が熱狂!『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』グローバル週末興行ランキング1位に 

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が全世界週末興行ランキング1位に。全米オープニング興行収入ランキングにおいても『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』以来、初登場1位。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
Page 10 of 10