グローバル「アジア」

韓国ボックスオフィス:日本映画がヒット中。『スラムダンク』が観客動員数1位、道枝駿佑主演『セカコイ』も累計100万人を突破 画像
興行収入

韓国ボックスオフィス:日本映画がヒット中。『スラムダンク』が観客動員数1位、道枝駿佑主演『セカコイ』も累計100万人を突破

韓国で公開4週目の週末を迎えた『THE FIRST SLAM DUNK』が『アバター:ザ・ウェイ・オブ・ウォーター』を上回り、観客動員数で1位に。昨年11月に公開され、なにわ男子・道枝駿佑主演の『今夜、世界からこの恋が消えても』も累計観客数100万人を突破した。

CJ ENMがビジョナリーアワード開催 K-コンテンツに貢献した俳優やアイドルを表彰 画像
アジア

CJ ENMがビジョナリーアワード開催 K-コンテンツに貢献した俳優やアイドルを表彰

『パラサイト 半地下の家族』『別れる決心』など世界的に有名なヒット作を生み出した、ワールドクラスのエンターテインメントをリードする韓国企業CJ ENMは、1月8日にソウルで第3回ビジョナリーアワードを開催した。

韓国コンテンツ振興院、OTTコンテンツへの資金提供を15億ウォン増やす計画を発表 画像
業界団体・行政

韓国コンテンツ振興院、OTTコンテンツへの資金提供を15億ウォン増やす計画を発表

韓国コンテンツ振興院(KOCCA)は、2022年の成果を振り返り、2023年の計画として、オーバー・ザ・トップ(OTT)ドラマの資金を15億ウォンから30億ウォンに引き上げるという野心的な目標を発表した。

サウジとシンガポールのファンド、韓国のカカオエンターテインメントに9億6,600万ドルを投入 画像
企業動向

サウジとシンガポールのファンド、韓国のカカオエンターテインメントに9億6,600万ドルを投入

世界のテレビ、音楽、映画で高い評価を得ている韓国のエンターテインメント業界に、またもや巨額の資本が投入されることになりそうだ。

Branc編集部
Branc編集部
TVING、「昨年発表した
動画配信

TVING、「昨年発表した"2022年中の日本進出"は難航中」とCEOが語る

アジアTVフォーラム&マーケットのパネルディスカッションで、韓国の大手ストリーミングプラットフォームの国際的な野望がより明確に示された。また、TVINGが昨年発表した“今年中の日本進出”は難航しているとも述べられた。

韓国CJ ENM、米テクノロジー企業AmazeVRの株式を取得 画像
企業動向

韓国CJ ENM、米テクノロジー企業AmazeVRの株式を取得

韓国の大手エンターテインメント企業であるCJ ENMが、米国を拠点とするVRコンサート・プラットフォームを運営するAmazeVRに出資したことが分かった。テクノロジー事業を拡大していく方針。

Branc編集部
Branc編集部
【韓国SVOD事情:後編】M&Aが活発な韓国国内動画配信サービス。韓国内でのユーザー数トップは? 画像
動画配信

【韓国SVOD事情:後編】M&Aが活発な韓国国内動画配信サービス。韓国内でのユーザー数トップは?

前編に引き続き、韓国動画配信サービス事情を深堀り。本稿では、韓国国内での動画配信サービスの利用状況を各サービスの注目ポイントと共に紹介する。

【韓国SVOD事情:前編】「TVING」の日本進出に期待。日本での韓ドラ視聴に革命が起こる⁉ 画像
動画配信

【韓国SVOD事情:前編】「TVING」の日本進出に期待。日本での韓ドラ視聴に革命が起こる⁉

韓国最大級の動画配信サービス「TVING」が年内の日本上陸を計画中と発表されている。国内韓ドラファンの期待値も高い本サービスに注目し、韓国の動画配信サービス事情を深堀りする。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2