アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 賀来賢人、大沢たかおら日本の俳優がNetflixやAmazonと組んでプロデュース業に参入:日本のエンタメ産業に新しい風 画像
    1

    賀来賢人、大沢たかおら日本の俳優がNetflixやAmazonと組んでプロデュース業に参入:日本のエンタメ産業に新しい風

    映像コンテンツ

    賀来賢人や真田広之がプロデュース・主演を務めた作品が国内だけでなく、海外市場でもヒットし、新しい風が吹いている。そのほかにも、グローバル配信プラットフォームと俳優が直接タッグを組み世界市場に挑むケースが増えてきている。

  2. 2期連続の営業減益となった日本テレビ、地上波テレビ広告が苦戦【決算から映像業界を読み解く】#50 画像
    2

    2期連続の営業減益となった日本テレビ、地上波テレビ広告が苦戦【決算から映像業界を読み解く】#50

    ビジネス

    日本テレビホールディングスが正念場を迎えている。

  3. 『キングダム 大将軍の帰還』が閑散期の流れをぶった斬る⁉  夏興行の大黒柱へかかる期待 画像
    3

    『キングダム 大将軍の帰還』が閑散期の流れをぶった斬る⁉ 夏興行の大黒柱へかかる期待

    映像コンテンツ

    2024年も7月に入り、まもなく夏休み興行のシーズンを迎える。その火ぶたを切るのが『キングダム 大将軍の帰還』だ。6月以降なかなかビッグヒットが生まれていない日本の映画市場にとっては、繁忙期の幕開けとして大いに期待できる作品だ。

  4. 急成長する中国発ショートドラマ。ポイントは巧みな広告誘導と課金のしやすさ【インタビュー】 画像
    4

    急成長する中国発ショートドラマ。ポイントは巧みな広告誘導と課金のしやすさ【インタビュー】

    映像コンテンツ

    1話1~2分、1タイトルで80話~100話ほどで構成される超短尺の縦型ショートドラマが中国から世界で大流行している。成長を加速するショートドラマ市場の内実を、日本、中国及び全世界向けにショートドラマ取次・制作事業を手掛ける金氏に話を聞いた。

  5. 「今際の国のアリス」シーズン3を撮影!総工費20億円の「THE SEVEN」専用スタジオがオープン 画像
    5

    「今際の国のアリス」シーズン3を撮影!総工費20億円の「THE SEVEN」専用スタジオがオープン

    映像コンテンツ

    TBS 緑山スタジオ内に総工費20億円をかけたTHE SEVEN専用スタジオがオープン。大規模なセットを組んだ室内撮影が可能で、高速の通信インフラも確保している。

  6. フジテレビの利益率上がらず……希望退職者募集による人員削減効果は限定的か【決算から映像業界を読み解く】#45 画像
    6

    フジテレビの利益率上がらず……希望退職者募集による人員削減効果は限定的か【決算から映像業界を読み解く】#45

    ビジネス

    フジ・メディア・ホールディングスが3月28日に2024年3月期通期業績の上方修正を行った。

  7. 『帰ってきた あぶない刑事』のプロデューサーが語るシリーズ復活の意義──今、大人が楽しめる娯楽映画が必要 画像
    7

    『帰ってきた あぶない刑事』のプロデューサーが語るシリーズ復活の意義──今、大人が楽しめる娯楽映画が必要

    映像コンテンツ

    昭和から平成にかけて人気を博した「あぶない刑事」シリーズの最新作、『帰ってきた あぶない刑事』が5月24日から公開される。テレビシリーズからはじまり、今年で38年目を迎える同シリーズが令和の時代に“帰ってきた”理由とは?本シリーズを支えてきた、近藤プロデューサーに話を聞いた。

  8. 『キングダム 大将軍の帰還』公開4日間で前作興収対比181.1%を記録 画像
    8

    『キングダム 大将軍の帰還』公開4日間で前作興収対比181.1%を記録

    映像コンテンツ

    2024年7月12日(金)より全国公開されている「キングダム」シリーズ第4弾『キングダム 大将軍の帰還』が、公開4日間で前作『キングダム 運命の炎』興収対比181.1%を記録した。

  9. アニメ産業は約3兆円規模で過去最高に。海外・ライブ・映画が牽引しコロナ禍以降も成長続く 画像
    9

    アニメ産業は約3兆円規模で過去最高に。海外・ライブ・映画が牽引しコロナ禍以降も成長続く

    働き方

    日本動画協会は「アニメ産業レポート2023」刊行記念セミナーを開催。本レポートは2022年の日本アニメ市場の調査と統計・分析を掲載したものだ。コロナ禍以降も成長基調が続き、海外市場、ライブエンタテインメント、映画の伸長が成長を牽引していることが分かった。

  10. 『ルックバック』今年屈指の満足度!鮮烈ヒットの気になる理由と背景に迫る 画像
    10

    『ルックバック』今年屈指の満足度!鮮烈ヒットの気になる理由と背景に迫る

    映像コンテンツ

    上映館数、わずか119館で公開が開始された劇場アニメ『ルックバック』が映画ランキングにて興収1位のスタートを切った。今回はその異例のヒットの理由と背景に迫っていきたい。

デイリーランキング11〜20位

  1. 『インサイド・ヘッド2』大ヒットに世界が震撼!! 映画界を動かす2つの大変革 画像
    11

    『インサイド・ヘッド2』大ヒットに世界が震撼!! 映画界を動かす2つの大変革

    映像コンテンツ

    6月に海外で公開がスタートした『インサイド・ヘッド2』(日本公開は8月)が大ヒットを記録している。ディズニーの「続編路線」は幸先の良いスタートを切っている。

  2. サイバーエージェントのメディア事業が悲願の黒字化達成、収益構造にも変化が【決算から映像業界を読み解く】#48 画像
    12

    サイバーエージェントのメディア事業が悲願の黒字化達成、収益構造にも変化が【決算から映像業界を読み解く】#48

    ビジネス

    サイバーエージェントのメディア事業が好調だ。

  3. 『セクシー田中さん』報告書問題。ドラマ現場の過酷な労働実態がコミュニケーションを阻害した可能性 画像
    13

    『セクシー田中さん』報告書問題。ドラマ現場の過酷な労働実態がコミュニケーションを阻害した可能性

    メディア

    『セクシー田中さん』の一件について、日本テレビと小学館双方から調査報告書が出された。各報告書からやり取りの相違が何カ月にも渡って続いていたことが明らかになったが、本件は長らく続いてきたテレビ局の事業モデルそのものに関わる問題とも言えるはずだ。

  4. 『数分間のエールを』Blenderで挑む劇場アニメ制作の舞台裏をHurray!が明かす【VGT2024】 画像
    14

    『数分間のエールを』Blenderで挑む劇場アニメ制作の舞台裏をHurray!が明かす【VGT2024】

    映像コンテンツ

    映像クリエイターの祭典「VIDEOGRAPHERS TOKYO 2024」が開催。初日のトークセッションには、劇場アニメ『数分間のエールを』を製作した新進気鋭の映像制作チーム「Hurray!(フレイ)」の3人が登壇。「Blenderで映画づくり!?『数分間のエールを』を生みだした数年間の奮闘記」にて、同作の制作過程を明かした。

  5. 『バジーノイズ』と『言えない秘密』2本の映画を送り出す、ギャガ宣伝出身のプロデューサーが語る実写映画の戦い方 画像
    15

    『バジーノイズ』と『言えない秘密』2本の映画を送り出す、ギャガ宣伝出身のプロデューサーが語る実写映画の戦い方

    映像コンテンツ

    今年上半期に7本の製作作品の公開を予定しているギャガ。そのうちの2本『バジーノイズ』と『言えない秘密』のプロデューサーを務めるのはこれまでギャガで宣伝プロデューサーを務めてきた山田実氏だ。そんな同氏に2作品の製作経緯とこだわり、映画宣伝の今について話を聞いた。

  6. Netflix、日本でもアカウント共有の取り締まりを強化。複数世帯で共有の場合、メールで警告 画像
    16

    Netflix、日本でもアカウント共有の取り締まりを強化。複数世帯で共有の場合、メールで警告

    映像コンテンツ

    Netflixは7月20日、日本でもアカウント共有に関する取り締まりを開始すると発表した。対象となるユーザーには今日からメールの送付が開始されている。

  7. 白人男性に支配されたままのハリウッド映画業界。未だに女性や有色人種の監督が少ないことが調査結果で明らかに 画像
    17

    白人男性に支配されたままのハリウッド映画業界。未だに女性や有色人種の監督が少ないことが調査結果で明らかに

    働き方

    USCアネンバーグのインクルージョン・イニシアチブの新しい調査によると、ハリウッドは2022年に大作映画を作るために採用した女性映画監督や有色人種の監督の数が少なかったことが明らかになった。

  8. ライブ配信「ツイキャス」と「Pococha」停滞の裏で「ふわっち」が躍進している理由は?【決算から映像業界を読み解く】#43 画像
    18

    ライブ配信「ツイキャス」と「Pococha」停滞の裏で「ふわっち」が躍進している理由は?【決算から映像業界を読み解く】#43

    ビジネス

    ライブ配信サービスの勢力図に変化が生じている。「ツイキャス」と「Pococha」の停滞感が鮮明になり、「ふわっち」が堅調に業績を伸ばしているのだ。

  9. 2026年度に売上高1,600億円突破計画を立ち上げたテレビ東京、EC事業の拡大が本丸か?【決算から映像業界を読み解く】#54 画像
    19

    2026年度に売上高1,600億円突破計画を立ち上げたテレビ東京、EC事業の拡大が本丸か?【決算から映像業界を読み解く】#54

    ビジネス

    テレビ東京が正念場を迎えている。

  10. 中国の古都・西安で日本アニメショップが8店舗同時にオープン【出張!李の日本アニメ事情@中国】#1 画像
    20

    中国の古都・西安で日本アニメショップが8店舗同時にオープン【出張!李の日本アニメ事情@中国】#1

    グローバル

    Brancの新連載第一弾!中国・西安出身の李啓源(リ・ケイゲン)氏をゲストライターに迎え、中国でのアニメ作品の盛り上がりを現地からレポートしていく。第一弾は、若者の集まる西安の中心エリア小寨(しょうさい)にオープンしたアニメショップの盛り上がりを紹介。ビリビリのショップ「bilibili goods」の店長に突撃し、新店舗への期待も伺った。

デイリーランキング21〜30位