映像コンテンツ「興行収入」

『百円の恋』中国リメイク版、公開8日目で日本映画リメイク作品歴代トップ興収を達成 画像
興行収入

『百円の恋』中国リメイク版、公開8日目で日本映画リメイク作品歴代トップ興収を達成

2014年12月20日に公開され、国内外合わせ通算21冠の映画賞を受賞した『百円の恋』(2014年)の中国リメイク版が、春節期のナンバーワンヒット作として快進撃を続けている。

Branc編集部
Branc編集部
『劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦』2024年公開作品でNo.1の初週興行収入を記録 画像
興行収入

『劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦』2024年公開作品でNo.1の初週興行収入を記録

初日3日間での興行収入は22.3億円、動員は152万人を記録し、2024年No.1の超特大ヒットスタートに。

Branc編集部
Branc編集部
低調続くディズニー、続編路線に舵 黄金期は再び訪れるのか? 画像
興行収入

低調続くディズニー、続編路線に舵 黄金期は再び訪れるのか?

先日、ディズニーCEOのボブ・アイガー氏から、『モアナ2』や『インサイド・ヘッド2』など、アニメーション作品の公開予定ラインナップが発表された。いずれも過去作の続編で、今後は“続編ラッシュ”が待ち構えているディズニー。その戦略の背景を紐解いていく。

洋画不足の影響は“洋画離れ”だけにあらず? 進むラージフォーマットの空洞化 画像
興行収入

洋画不足の影響は“洋画離れ”だけにあらず? 進むラージフォーマットの空洞化

洋画作品のラインナップが薄くなると、ラージフォーマット上映にも影響が?

米映画スタジオと配給会社がアカデミー賞ノミネート作品の上映館数を拡大、対象映画の興行収入が急上昇 画像
興行収入

米映画スタジオと配給会社がアカデミー賞ノミネート作品の上映館数を拡大、対象映画の興行収入が急上昇

アカデミー賞ノミネートが興行収入アップに貢献している。

『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』口コミヒットの常識が変わる? 画像
興行収入

『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』口コミヒットの常識が変わる?

『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』が31億円超えの大ヒットとなっている。ヒットの要因である“口コミ”の広がり方に注目してみると、X(Twitter)での拡散よりもTikTokやInstagramなど、若年層支持の熱いSNSでの拡散が目立っている。

2024年の映画業界はどうなる?2023年を振り返りながら徹底考察! 画像
興行収入

2024年の映画業界はどうなる?2023年を振り返りながら徹底考察!

日本国内の2023⇨2024年の興行収入を考察。2023年はランキング上位をアニメ作品が占めたが、2024年は予測できない要素も多々。今年はどのような年になるだろうか?

2023年興行収入ランキングから、世界各地の傾向を紐解く 画像
興行収入

2023年興行収入ランキングから、世界各地の傾向を紐解く

2023年、海外の年間興行収入はどうだったのか?VarietyとScreen Dailyに掲載されたニュースを基に、2023年におけるアジア・ヨーロッパ各国の年間興行収入と各国の動向をまとめた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 10