スカイダンス・メディア、パラマウント・グローバルの買収を提案

スカイダンス・メディアが、パラマウント・グローバルの大株主であるナショナル・アミューズメンツの買収に向けた提案を出したとのことだ。

ビジネス 企業動向
David Ellison

デヴィッド・エリソン氏。Photo by Dia Dipasupil/Getty Images

BloombergScreen Dailyの報道によると、映画制作会社のスカイダンス・メディアがパラマウント・グローバルの大株主であるナショナル・アミューズメンツの買収に向けた提案を出したとのことだ。

スカイダンス・メディアのデヴィッド・エリソン氏は、パラマウント・グローバルの主要資産であるパラマウント・ピクチャーズを買収する方法を模索しており、パラマウント・グローバルの議決権株式の約77%を支配するナショナル・アミューズメンツを買収することで実現しようとしているという。


もし買収が決定すれば、長らくパラマウントの大作映画(『トップガン マーヴェリック』や『ミッション:インポッシブル』シリーズなど)の共同資金提供者であるスカイダンスとパラマウント・グローバルが統合し、その後に他のパラマウント・グローバルの資産が売却されると考えられている。また、パラマウント・グローバルの時価総額が80億ドル以上を超えていることを考慮すると、エリソン氏の父親であり、数十億ドルの富豪であるソフトウェア大手のオラクル創業者ラリー・エリソン氏が買収の支援者となる可能性が高い。

《伊藤万弥乃》

関連タグ

伊藤万弥乃

伊藤万弥乃

海外映画とドラマに憧れ、英語・韓国語・スペイン語の勉強中。大学時代は映画批評について学ぶ。映画宣伝会社での勤務や映画祭運営を経験し、現在はライターとして活動。シットコムや韓ドラ、ラブコメ好き。

編集部おすすめの記事