インタビュー(8ページ中6ページ目)

韓国映画業界のリアルな今、コロナ後訪れた危機【小出PインタビューVol.2】 画像
グローバル

韓国映画業界のリアルな今、コロナ後訪れた危機【小出PインタビューVol.2】

制作会社ROBOTのプロデューサー・小出真佐樹氏のロングインタビュー第二弾。映像エンタメの中心地といえる韓国だが、新型コロナウイルスの影響が落ち着いてきた今、先行き不安な課題も増えてきている?

『最後まで行く』はどのように日本リメイクが実現したのか?【小出PインタビューVol.1】 画像
映像コンテンツ

『最後まで行く』はどのように日本リメイクが実現したのか?【小出PインタビューVol.1】

『22年目の告白 -私が殺人犯です-』『見えない目撃者』『最後まで行く』等、日韓の映画界をつなぐ架け橋を務めてきた制作会社ROBOTのプロデューサー・小出真佐樹氏。5月19日(金)公開の『最後まで行く』はどのようにリメイクが実現したのか?ロングインタビューの第一弾。

Disney+と日本アニメのこれから「日本のクリエイターと一緒に作品を世界に届けたい」 画像
映像コンテンツ

Disney+と日本アニメのこれから「日本のクリエイターと一緒に作品を世界に届けたい」

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+」。今回、Disney+のアニメーション責任者の八幡拓人氏と、アニメ!アニメ!編集長の江崎大氏が対談。Disney+と日本アニメのこれからについて語り合った。

「グローバルヒット」を目標にWEBTOONから映像化まで一気通貫。BABEL LABEL×CyberZが切り拓くコンテンツ制作の未来 画像
映像コンテンツ

「グローバルヒット」を目標にWEBTOONから映像化まで一気通貫。BABEL LABEL×CyberZが切り拓くコンテンツ制作の未来

BABEL LABELの代表取締役・山田久人氏、CyberZ/BABEL LABELビジネスプロデューサーの佐藤菜穂美氏、StudioZOONの村松充裕氏による鼎談を実施。WEBTOONの制作から映像化まで一貫した企画開発を進めているBABEL LABEL×CyberZの取り組みについて詳しく話を訊いた。

『すずめの戸締まり』中国大ヒットの裏側。「新海監督の人柄が多くの人の心を掴んだ」 画像
グローバル

『すずめの戸締まり』中国大ヒットの裏側。「新海監督の人柄が多くの人の心を掴んだ」

中国でついに日本での興行収入を超えた『すずめの戸締まり』。本作が記録ずくめの大ヒット興行となった要因は何なのか?中国で同作を配給しているRoad Picturesの代表・蔡氏に話を聞くと、中国映画市場の現在地や戦略的なマーケティング施策の裏側が見えてきた。

チケット代4,500円~、「109シネマズプレミアム新宿」がオープン 支配人に戦略を聞いた 画像
映像コンテンツ

チケット代4,500円~、「109シネマズプレミアム新宿」がオープン 支配人に戦略を聞いた

歌舞伎町にオープンした「109シネマズプレミアム新宿」。通常の映画館の2~3倍となるプレミアムな価格設定の背景や、本映画館の魅力を支配人に伺った。

「この作品だからこそ、全国で上映したい」──通信会社のKDDIが『Winny』劇場配給に込めた想い 画像
映像コンテンツ

「この作品だからこそ、全国で上映したい」──通信会社のKDDIが『Winny』劇場配給に込めた想い

現在公開中の映画『Winny』でナカチカと共に配給を務めているKDDI。言わずと知れた通信サービス会社はなぜ、配給事業にチャレンジしたのか? プロデューサーを務める金山氏にその真意を伺った。

海外アニメファンが集うコミュニティサイト「MyAnimeList」を日本企業が運営する理由とは? 画像
ビジネス

海外アニメファンが集うコミュニティサイト「MyAnimeList」を日本企業が運営する理由とは?

世界240か国以上のユーザーが利用する世界最大級の日本のアニメ・マンガのコミュニティ&データベース「MyAnimeList」。アニメ好きの男性が個人で立ち上げたサイトから規模を拡大し、今や日本企業が海外モデレーターと本サイトを共創する理由とは?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
Page 6 of 8