東映動漫(上海)とTencent Videoの初共同製作作品、ビジュアル初公開

東映アニメーションの中国向けコンテンツ企画の子会社である東映動漫(上海)は、中国配信大手企業Tencent Videoと共同製作する新作アニメ「花仙子之魔法香対論(原題)」のビジュアルを初公開した。

映像コンテンツ 制作
東映動漫(上海)とTencent Videoの初共同製作作品、ビジュアル初公開

© TAETAESTencentWawayu All Rights Reserved.

東映アニメーションの中国向けコンテンツ企画の子会社である東映動漫(上海)は、中国配信大手企業Tencent Videoと共同製作する新作アニメ「花仙子之魔法香対論(原題)」のビジュアルを初公開した。

今回の共同製作作品については、8月8日上海にて開催された「Tencent Video Animation Festival 2023」で発表された。東映動漫(上海)は、今後も中国及びアジア市場の商慣習、文化等に臨機応変に対応し、現地に根差した作品を企画・製作・販売していくとのことだ。

タイトルにもなっている「花仙子」とは、同社が1979年に製作し放送されたTVアニメ「花の子ルンルン」の中国展開時の名前。70年代・80年代生まれの中国の人々の中でも、思い出のアニメーション作品の一つとなっており、子供の頃見ていたという人も数多くいる。

今回共同製作される「花仙子之魔法香対論(原題)」は、「花の子ルンルン」の思い出と背景を受け継ぎつつ、現代のトレンドを取り入れた新しい花の精の物語。「花の子ルンルン」の昔からのファンや作品を初めて見る人にも、新たな花の精の美しさと感動をもたらすことが期待されている。

《Branc編集部》

関連タグ

編集部おすすめの記事