中国バラエティ番組の訪日ロケコーディネート窓口を開設 「番組・出演タレント」と「訪日インバウンド」のタイアッププランも

中国エンターテイメントの日本展開を行うドロップが、中国国内の大手動画プラットフォームや制作会社等のネットワークを活用し、中国のバラエティ番組の日本ロケの受け入れを行う「訪日ロケコーディネート窓口」を開設した。

メディア TV・放送
中国バラエティ番組の訪日ロケコーディネート窓口を開設 「番組・出演タレント」と「訪日インバウンド」のタイアッププランも
  • 中国バラエティ番組の訪日ロケコーディネート窓口を開設 「番組・出演タレント」と「訪日インバウンド」のタイアッププランも
  • 「你好!星朋友」
  • 芒果TV

中国エンターテインメントの日本展開を行うドロップが、中国国内の大手動画プラットフォームや制作会社等のネットワークを活用し、中国のバラエティ番組の日本ロケの受け入れを行う「訪日ロケコーディネート窓口」を開設した。

まず第1弾として、7月に中国5大動画プラットフォームの1つである芒果TV(Mango TV)が制作する「你好!星朋友」の日本ロケをサポート。本番組の撮影では、中国の国民認知度99%以上を誇る“ラブソングの女王”楊鈺瑩(ヤン・ユーイン)、浙江テレビや湖南衛星等の人気司会者・大左(ダーズオ)、中国のサバイバルオーディション番組「創造営2021」にも出演した劉唐輝(リョウ・タンフイ)等が来日予定で、訪日インバウンドに向けた番組タイアップも可能となる。

中国では新型コロナウイルスによる移動・渡航制限が解除されたことで、全国的な旅行ブームが発生している。バラエティ番組をはじめとするエンターテイメント業界のロケ・撮影においても、過去約2年間に渡り実施困難であった海外ロケに注目が集まっている。

また、日本は、コロナ以前には中国人のトップクラスの人気海外旅行先であり、今後は本格的に渡航者数の増加が見込まれていることから、大手動画プラットフォームやバラエティ等の制作会社等のロケニーズが高まっている。日本においても、メーカーや小売り店における中国人の訪日インバウンド消費への期待値は高く、中国国内で大きな注目を集めやすいバラエティ番組等を通じた情報発信はブランディングにも高い効果を見込むことができる。

こうした状況をふまえ、中国エンタメに対する日本でのプレゼンス向上にも貢献できる可能性が高いことから、中国の大手動画プラットフォームやバラエティ番組の制作会社等の制作側と、受け入れ先となる日本ブランドを繋ぐロケの受け入れ窓口を設置。今後は、制作サイドとのリレーションをさらに深めることで、ロケ等の受け入れ拡大を目指していく。

本番組のロケは7月半ばを予定しており、観光地や百貨店等でのロケが一部すでに決定している。化粧品等の訪日インバウンドで注目を集めるブランドの店舗や研究所等の訪問も検討されており、中国での話題作りに向けてアイテムやスポット等の紹介が可能。(タイアップについては下記の問い合わせフォームより)

訪日ロケタイアッププランお問い合わせフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd_ZyfVtS7iNzZZXzgAs1GR6lzjSgiVneTHRHc6JpqMNWVxJw/viewform?usp=sf_link

《伊藤万弥乃》

関連タグ

伊藤万弥乃

伊藤万弥乃

海外映画とドラマに憧れ、英語・韓国語・スペイン語の勉強中。大学時代は映画批評について学ぶ。映画宣伝会社での勤務や映画祭運営を経験し、現在はライターとして活動。シットコムや韓ドラ、ラブコメ好き。