新潟国際アニメーション映画祭

第2回新潟国際アニメーション映画祭、長編コンペティション部門ノミネート作品決定 画像
グローバル

第2回新潟国際アニメーション映画祭、長編コンペティション部門ノミネート作品決定

世界29の国と地域から昨年の2.5倍となる49作品の応募があり、12作品が選ばれた。

Branc編集部
Branc編集部
進むアニメ制作会社の地方移転 新潟から業界と地方とのマッチングの課題を考える 画像
グローバル

進むアニメ制作会社の地方移転 新潟から業界と地方とのマッチングの課題を考える

映画祭が開催された新潟から、アニメ制作会社の地方分散を議論。年々、地方に移転する企業やスタジオを地方に置く企業が増えてきているものの、地方移転のメリットを最大限に活かしていくためには、アニメ業界と地方の双方のマッチングにおいて、まだ課題も多そうだ。

日本のマンガ・アニメは海外でどのように「価値づけ」されているのか?有識者インタビューからみえた、2つの評価軸 画像
グローバル

日本のマンガ・アニメは海外でどのように「価値づけ」されているのか?有識者インタビューからみえた、2つの評価軸

第1回新潟国際アニメーション映画祭にて、フォーラム「海外における日本のマンガ・アニメの価値づけの状況」が開催された。有識者インタビューから見えてきた、「評価される作品」になるために重要なこととは?

村上春樹の6つの短編を基にした『めくらやなぎと眠る女』が第1回新潟国際アニメーション映画祭コンペ部門グランプリに 画像
グローバル

村上春樹の6つの短編を基にした『めくらやなぎと眠る女』が第1回新潟国際アニメーション映画祭コンペ部門グランプリに

村上春樹の短編小説をベースにした長編アニメーション、『めくらやなぎと眠る女』が第1回新潟国際アニメーション映画祭コンペティション部門のグランプリに選ばれた。

Branc編集部
Branc編集部
「この世界の片隅に」片渕須直監督 “枕草子”がテーマの新作情報も「第1回新潟国際アニメーション映画祭」レポート 画像
映像コンテンツ

「この世界の片隅に」片渕須直監督 “枕草子”がテーマの新作情報も「第1回新潟国際アニメーション映画祭」レポート

『この世界の片隅に』などで知られる片渕須直監督が、「第1回新潟国際アニメーション映画祭」に登壇。本記事では、そのレポートをお届けする。

第1回新潟国際アニメーション映画祭にて、アニメーション業界のジェンダー問題を語るセミナーなどイベントが開催 画像
グローバル

第1回新潟国際アニメーション映画祭にて、アニメーション業界のジェンダー問題を語るセミナーなどイベントが開催

約50本のアニメーション映画が⼀堂に会するアジア最⼤の⻑編アニメーション映画の祭典、第1回新潟国際アニメーション映画祭が3月17⽇(金)に開幕。各会場ではコンペをはじめとした上映や数々のイベントが開始した。

Branc編集部
Branc編集部
新潟国際アニメーション映画祭、押井守に続く追加審査員が決定。渡辺信一郎&森田修平ら参加の『太素(TAISU)』がオープニング作品に 画像
グローバル

新潟国際アニメーション映画祭、押井守に続く追加審査員が決定。渡辺信一郎&森田修平ら参加の『太素(TAISU)』がオープニング作品に

「第1回新潟国際アニメーション映画祭」が2023年3月17日より開催される。このたび、審査員長の押井守監督に続く審査員が決定。さらに、渡辺信一郎監督や森田修平監督も参加する映像作品『太素(TAISU)』が、オープニング作品として上映されることも明らかになった。

第1回新潟国際アニメーション映画祭、世界中から10本のコンペ作品が選出 画像
グローバル

第1回新潟国際アニメーション映画祭、世界中から10本のコンペ作品が選出

2022年5⽉に初開催を発表した第1回新潟国際アニメーション映画祭。 今年3月17日(金)からの開催に先がけ、第1回のコンペティション部⾨参加作品、本ポスタービジュアル及び審査委員⻑である押井守監督からのコメントが解禁された。

Branc編集部
Branc編集部
  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2