TBSグループのTHE SEVEN、Netflixと戦略的提携を発表 世界へ向けた映像作品の制作を加速

TTBSグループのTHE SEVENが、Netflixとの戦略的提携を発表。今後5年間、ハイエンドな映像作品の共同開発などを通して、数々の実写作品を190の国と地域の視聴者に向けて独占配信する予定とのことだ。

ビジネス 企業動向
Netflix

TBSグループのTHE SEVENが、Netflixとの戦略的提携を発表。今後5年間、ハイエンドな映像作品の共同開発などを通して、数々の実写作品を190の国と地域の視聴者に向けて独占配信する予定とのことだ。

THE SEVENは、2022年1月にTBSホールディングスが出資して設立。主にグローバルOTTなどと連携して、全世界に向けたハイエンドのコンテンツの企画開発、プロデュースを行うほか、IPの開発、管理や、様々なエンターテインメントビジネスの開発などを行っている。

今回の提携により、人材や設備にも変化が起きている。企画開発体制において、世界的ヒット作品となったNetflixシリーズ「今際の国のアリス」をはじめとする数々の実績を持つプロデューサーの森井輝氏や、国内外のVFX界をリードする赤羽智史氏など、映像業界でトップクラスの貴重な人材がTHE SEVENに加わった。さらに、海外の事業者とのビジネス交渉の経験豊富な人材も加入。国内外を問わず、OTTプラットフォームや放送局、プロダクションハウス、VFXベンダーなどと個別のプロジェクトについて協議に入っており、今後も世界配信の経験を基に様々に作品を開発し、ビジネスを展開していく。

そして、緑山スタジオ・シティに、世界標準のスペックを備えた約300坪の日本有数の規模を誇る配信コンテンツ向け撮影スタジオを準備した。また、港区赤坂に、作品の系統に応じて柔軟に対応可能な専用 VFXルームを設けて、様々な作品制作に対応していく予定だ。才能あるクリエイターが気軽に集まって、熱く議論できるような設計にした新オフィスも今月赤坂にオープン。最新のファシリティーを揃えることで、クリエイターにベストな環境を整えている。

以下、両社の代表からコメントも届いている。

THE SEVEN代表取締役 菅井龍夫氏
これまでにない新しい形で企画、制作した日本発のコンテンツで世界中の皆様によい“時”を届けたい。その想いで立ち上がったTHE SEVENがいよいよ本格稼働します。世界配信の実績があるプロデューサーたちやビジネススタッフたちが集まってきました。制作環境も整ってまいりました。そして、このたびのNetflixとの強いパートナーシップを契機に、我々が創るコンテンツが全世界へ配信できる準備が整いました。THE SEVENの優秀なプロフェッショナルたちが、最先端のファシリティーを駆使して、世界の一流のパートナーの方々と共に、これから最高に素敵な作品を次々に発表し、ビジネスを進めてまいりますので、どうぞご期待ください。


Netflix コンテンツ部門 バイス・プレジデント 坂本和隆氏
昨今、日本発の作品への世界的注目度があがっていることを改めて実感いたします。これを追い風に、従来の作品づくりの枠組みにとらわれず、全く新しい物語を開発しながら、日本や世界の視聴者が観たことのないような世界観の作品にTHE SEVENの皆さまと一緒に取り組めますことを楽しみにしております。

Sources:THE SEVENNetflix
《Branc編集部》

関連タグ