DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も

DMMが、本日12月1日(木)に新たなサブスク会員システム「DMMプレミアム」と、動画配信サービス「DMM TV」の提供を開始すると発表。オリジナルアニメ『LUPIN ZERO』など複数新タイトルも配信予定。

映像コンテンツ 動画配信
DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も
  • DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も
  • 『LUPIN ZERO』
  • DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も
  • DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も
  • DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も
  • DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も
  • DMMが新動画配信サービス「DMM TV」を提供開始 独占オリジナルアニメに「ルパン三世」の新作も
  • 『冰剣の魔術師が世界を統べる』

DMM.com(以下DMM)は、本日より、新たなサブスク会員システム「DMMプレミアム」と、DMM.comが目指す「マルチエンタメ・プラットフォーム」において主軸となる新たな総合動画配信サービス「DMM TV」の提供を開始すると発表した。

同社は、現在17領域で60事業を展開している。中でもエンターテインメント領域には創業初期から注力しており、幅広い事業展開を行うと同時に、多面展開されたIPコンテンツをDMMの複数のエンタメサービスで取り扱うことで、ひとつの作品を多角的に楽しめる環境作りにも注力してきた。その中で、エンタメファンが作品を楽しむためのプラットフォームはコンテンツフォーマットによって分散しており、横断的なエンターテインメント体験ができる「場」は数少ない現状にあるという背景に着目。同社はこれまでエンターテインメント領域において蓄積してきた知見とノウハウを活かし、楽しみ方が多様化する日本のアニメやエンターテインメントのユーザー体験をアップデートする新たなサブスク会員システムを開始する。

そして今後、DMM.comのプラットフォーム(※1)上でのあらゆるエンタメ体験をシームレスにつなぐため、新たなサブスク会員システム「DMMプレミアム」をスタート。「DMMプレミアム会員」になることにより、本日提供を開始する「DMM TV」を含め、アニメ、マンガ、ゲーム、グッズ購入、オンラインくじやオンラインクレーンゲームなど、エンタメコンテンツをジャンル横断でよりお得に楽しむことができるようになる。今後2年間で200万人の「DMMプレミアム会員」の獲得と、DMM.comのプラットフォーム全体での売上3,000億円の達成を目指している。そして、「DMMプレミアム」を通じて、あらゆるエンタメ体験がシームレスにつながった『マルチエンタメ・プラットフォーム』を目指していく。
※1 DMM.comのプラットフォーム:DMM.comの会員アカウントで利用できるサービス群

本日より、DMMが目指す『マルチエンタメ・プラットフォーム』の主力サービスとして、新たな総合動画配信サービス「DMM TV」の提供を開始。「推しが見つかる。世界が変わる。」をコンセプトに、月額550円(税込)でアニメ約4,600作品、エンタメを含む12万本(※2)の作品が見放題で楽しめる。今後は、バラエティやドラマ、映画などにもジャンルを広げて濃いエンタメコンテンツのラインナップ拡充を進めていく予定。

※2 2022年内の見込み作品数

今後の配信として、DMM pictures製作アニメ「冰剣の魔術師が世界を統べる」「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」の配信が1月に決定。また、DMM TVオリジナルアニメ「LUPIN ZERO」が12月16日(金)より独占配信予定。アニメ以外にも、佐久間宣行氏・藤井健太郎氏プロデュースのバラエティーの配信や2.5次元舞台・ミュージカルといったジャンルに注力していく予定だ。

サービス概要

「DMMプレミアム」:https://www.dmm.com/pr/premium/welcome

「DMM TV」:https://tv.dmm.com/vod/


特徴1 国内トップクラスのラインナップ数と斬新なオリジナル番組
独占配信作品を含め、アニメだけで約4,600作品※7を揃える国内トップクラスのラインナップ。新作アニメカバー率100%※8を追求し、「アニメ・エンタメ、コスパ最強」をキャッチコピーに、誰もがお得に、価格以上のコンテンツ体験を味わうことができるサービスを目指している。※7 2022年内の見込み作品数 ※8 他社独占作品を除く


特徴2 同時視聴によるリアルタイムな盛り上り体験
「DMM TV」では、いつでもどこでも楽しめるビデオオンデマンド形式による配信だけでなく、リアルタイム配信形式での番組提供。


特徴3 「DMM TV」でのエンタメ体験を深める機能
「DMM TV」では、アプリ内のブックタブから電子書籍サービスの「DMMブックス」の作品を読むことができ、ユーザーはサービスを跨ぐログイン手続きなしに、シームレスにサービス間を移動することが可能に。

《Branc編集部》

関連タグ