「ウォーキング・デッド」製作会社スカイバウンド、スカイバウンド・ジャパンを日本に設立

「ウォーキング・デッド」などを製作するスカイバウンド・エンターテイメントが、スカイバウンド・ジャパンを日本に設立したことを発表した。

ビジネス 企業動向
「ウォーキング・デッド」製作会社スカイバウンド、スカイバウンド・ジャパンを日本に設立

「ウォーキング・デッド」などを製作するスカイバウンド・エンターテイメントが、スカイバウンド・ジャパンを日本に設立したことを発表した。クリエイター主導のマルチプラットフォーム・エンターテインメントを拡大するなか、日本のIPに焦点を当て日本のエンターテインメント業界と共に事業拡大を促進していくとのことだ。

スカイバウンド・ジャパンは、スカイバウンド・エンターテイメントの持つクリエイティブと日本の漫画やアニメ等の知的財産と協働し、世界的認知と影響力を備えるテレビ作品や映画、ゲームをプロデュースする重要な製作拠点となる。

同社の最初のプロジェクトは、ビデオゲーム「インジャスティス2」や「モータルコンバット」等で知られるショーン・キッテルセンが原作、「House of El」等のエリック・ザワツキが作画を担当し、フジテレビと共同制作を行う「ハートアタック」となる予定とのこと。このSFテレビシリーズでは、遺伝子治療によって人類を病気から救ったパンデミック後の世界を模索、政府が人権を否定するほどの超能力を持つバリアントの誕生を描かれる。


スカイバウンド・エンターテイメントのリニアコンテンツ担当リック・ジェイコブス氏は「スカイバウンド・ジャパンを立ち上げ、世界の偉大なクリエイターたちと日本で提携できることに非常に興奮しています。日本のコンテンツの生涯のファンとして、これらの物語を実写やアニメで実現するお手伝いをする機会は夢が叶ったことです。『ハートアタック』の実写化は、私たちが日本市場で達成したいことの始まりにすぎません」と述べている。

スカイバウンド・ジャパンは、ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」や映画『誰かが私にキスをした』等をプロデュースするアッシュ・ヌクイ氏が率いる。ヌクイ氏は今後、日本の才能あるクリエイターやスタジオとのパートナーシップを積極的に模索し、革新的なストーリーテリングの育成を行い、多様なコンテンツを世界中の視聴者に届ける上で極めて重要な役割を果たしていくという。

《Branc編集部》

編集部おすすめの記事