『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』週末動員数&興収ランキングで2週連続1位を記録

12月8日(金)より入場者特典「東西名セリフ・ワードステッカー」の配布も決定

映像コンテンツ 興行収入
©2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

現在公開中の映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』が、12月1日(金)~3日(日)の3日間で観客動員数22万2,000名、興行収入2億9,500万円を数え、週末動員数&興収ランキングで2週連続の1位を記録した。

11月23日(木・祝)に公開を迎えた本作は公開4日間で動員44万4,000名、興行収入6億2,900万円を記録し、公開初日からの累計では観客動員数83万8,000名、興行収入11億5,000万円を突破。SNSの口コミでも「間違いなく今年の邦画で一番面白かった!」「清々しいほどのバカバカしさ」「シアター内、多分全員爆笑してたwww」「映画館で初めて一体感味わえた!」「大阪人にはツボネタ満載で笑った!」「滋賀をいっぱい出してくれてありがとう」「和歌山ええ感じにディスってくれてありがとう笑」「埼玉最高!!神戸最高!!」「今作も細かい埼玉ネタに笑わせていただきました。」「埼玉出身でも、埼玉県民でもないけど翔んで埼玉大好き!」と話題になっている。

さらに、大ヒットを記念して12月8日(金)より入場者特典「東西名セリフ・ワードステッカー」の配布が決定。ステッカーには、劇中の麗(GACKT)が宣言する印象的な名セリフ「埼玉に海を作るー」「琵琶湖の水を止める」をはじめ、麗たちと敵対する大阪府知事・嘉祥寺晃(片岡愛之助)率いる関西ヴィラン軍団が言い放つ「産地偽装やな。甲子園へ放り込んだれ!」「ゲジゲジの滋賀県人はそこらへんの害虫でも食べといたらよろし」など至極のディス台詞がプリントされる。

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』

公開表記:絶賛上映中
キャスト:GACKT、二階堂ふみ、杏、片岡愛之助 ほか
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』 魔夜峰央(宝島社)
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズ、「ルパンの娘」シリーズほか)
脚本:徳永友一(「探偵の探偵」「僕たちがやりました」『かぐや様は告らせたい』シリーズ、『ライアー×ライアー』ほか)


観客動員数&興行収入

12月1日(金)動員 62,586名 興収 64,884,420円
12月2日(土)動員 79,321名 興収 115,154,040円
12月3日(日)動員 80,025名 興収 115,337,310円

累計11日間成績:動員 838,311名~興収 1,150,667,430円 単価 1,373円(前作同期間対比:113.0%)

《Branc編集部》

編集部おすすめの記事