作品評価に影響を与える“review bombing(レビュー爆撃)”について考える【BRANC MEMBERSHIP Newsletter】#35

5月29日週のWeekly Newsletterをお届け。

メディア Web
作品評価に影響を与える“review bombing(レビュー爆撃)”について考える【BRANC MEMBERSHIP Newsletter】#35

5月29日週のWeekly Newsletterをお届け。

目次




BRANC MEMBERSHIPに登録すると、毎週メールにニュースレターが届きます。

ご登録は右上のバーから。

今週の業界注目ニュース


今週は様々な作品の評価に影響を与える“review bombing(レビュー爆撃)”について取り上げます。多様な性的指向や人種のキャラクター表象における作品への不満を悪質なレビューに反映させる「荒らし行為」が増える中、具体的にどういったことが起こっているのかをまとめました。
作品に対して否定的な意見が生まれることはもちろんありますが、それが特定の人種や性的指向などに対する攻撃や、差別的・排他的になっていないか、という点は議論されるべきだと考えられます。多様な作品が生まれていく中で、レビューサイトや作品を鑑賞する個々が「作品をどう評価すべきか」の基準を考え直していく必要があるのかもしれません。


《Branc編集部》

関連タグ